ルテインを多く含む食材の代表例と摂取方法

ルテインは天然色素の一種です。どのような色を構成している色素なのかと言うと、これは鮮やかな濃い黄色です。

 

そのためこれを多く含んでいる食材の代表例としては、にんじんやカボチャと言った緑黄色野菜が挙げられます。また外見上は黄色はどこにも見当たりませんが、ホウレンソウやブロッコリー、ケールと言った緑色の濃い野菜にも多く含まれています。

 

ルテインは脂溶性、すなわた油に溶ける性質を持った成分です。ですからこれらの野菜を油で炒めるなどの調理で食べるようにすると、とても効率よく摂取することが期待できます。

 

ただしこうした野菜に含まれているルテインの量は、多いとは言っても、健康への作用と言う面から考えるとその量は不足しています。

 

健康への作用を考えるのであれば、にんじんであれば20本近く、ホウレンソウでも4株以上は食べる必要があると言うデータもあるので、健康のことを考えるのであればサプリを利用するのが最も効率的です

意識して摂取したい、ルテインの効能とは

ところでこうした食材に含まれているルテインを、意識して摂取したいのは以下のような理由があるためです。

 

まずこれは、非常に高い抗酸化力を有している成分です。そのため紫外線やブルーライトなどによる活性酸素のダメージから、細胞や血管の酸化を守る作用を期待することができます。

 

細胞や血管が酸化してしまうと、その部分が正しい機能を果たすことは難しくなってしまい、それによって健康にも支障が出てくる可能性が高くなります。ですから、そうしたことを予防するためには、抗酸化力は非常に重要な力です。

 

それからもうひとつ、ルテインは実際に人間の体にも含まれている成分であると言うのも理由です。

 

ただ体内のルテインの量と言うのは、加齢や生活リズムの乱れなどによって減少していきます。するとその部分の抗酸化作用にも影響が出やすくなってしまうので、それを補い、その部分の抗酸化力を助けると言う意味でも、意識して摂取しておきたい成分だと言えます。

目の健康を考えるのであれば摂取は推奨

体の中で特に多くルテインが存在しているのが目です。目の中でルテインはその抗酸化作用を発揮し、紫外線やパソコン、スマホなどの画面から発せられるブルーライトのダメージから、目を守る役割を果たしてくれています。

 

ただ目は、意識して瞼を閉じなければこうしたダメージを防ぐことは難しいです。

 

また現代社会は、パソコン、スマホの画面を長時間、見続けると言うことも非常に多くなってきています。

 

そのため、目の健康は支障が出やすく、ルテインにも大きな負担がかかっていると考えられます。ですから目の健康を考えるのであれば、先に説明したような緑黄色野菜やサプリを利用して、この成分を摂取することは推奨されることだと言えます。

 

実際、活性酸素による目の細胞によるダメージが引き金と考えられている眼病、白内障や黄斑変性症の予防、改善にも、一定量、ルテインを摂取することは効果が期待できるとされていることからも、その重要性は理解できるかと思われます。