ルテインサプリを選ぶポイントはこの2つ

現在、ルテインが配合されているサプリメントは数多く販売されています。

 

メーカーによって配合量や価格には差がありますが、何を基準にして選べばいいのか分からないという方はルテインの配合量のほかにもサプリメントに配合されている成分に注目してみることが大切です。

 

サプリメントは長く続けて愛飲することで効果を実感することができるため、無理のない価格で続けられるものを選ぶことも重要なポイントですが、何よりも大切なのは、しっかりと効果を実感するために配合量やルテイン以外の成分に注目してみましょう。

 

現在、ドラッグストアのみならずインターネット通販などでも気軽にサプリメントを購入することができます。

 

使用方法や摂取量のほかにも配合量やサプリメントに配合されている成分が記載されているので、効果を実感するためだけでなく副作用などのトラブル回避のために購入前にきちんと確認してみることをおすすめします。

まずは配合量をチェック

ルテインが配合されているサプリメントを選ぶ際に最も重視したいのは、配合量です。

 

ルテインの1日の目安摂取量は、6mgから10mgです。

 

1日の摂取目安量を守り摂取することで視機能の改善や眼病予防のほかにも改善効果を期待できます。

 

ルテインサプリを選ぶポイント

 

ルテインには、飛蚊症や白内障、老眼を改善する効果を期待できるだけでなく、黄斑変性症、ドライアイ、認知症、アルツハイマー病などの予防にも効果的です。

 

サプリメントであれば、ただ飲むだけというシンプルな方法で対策できるのもメリットです。

 

手間や時間をかけずに面倒な対策を行わず視機能の改善や眼病予防が行えます。

 

しっかりと効果を実感するには、最低でも6mg以上摂取することが欠かせません。

 

より高い効果を実感したいのであれば、配合量をきちんと確認し1日あたり10mgほど摂取することを心がけてみましょう。
摂取量が少ないと飲んでも効果を得ることができないため、おすすめすることはできません。

そのほかの成分も確認しましょう

視機能の改善や眼病予防をしっかり行うなら、ルテインのほかに配合されている成分にも注目してみることが欠かせません。

 

ルテインの特徴として脂溶性で水に溶けにくく体内に吸収されづらいという点が挙げられます。

 

そのため、目に良い成分を取るためには、吸収率をアップさせることが大切になります。ルテインと相性の良い成分としてアントシアニンやゼアキサンチンなどがあります。

 

これらの成分はビルベリーエキスに含まれているポリフェノールの一種です。

 

ルテインと同時に摂取することで、より効果が高まると言われています。

 

アントシアニンは、ビルベリーのほかにもブルーベリーに含まれており、眼精疲労を予防効果があります。

 

成分をしっかりと目の奥まで運ぶ役割を果たしているため、効率よく眼病予防を行いたい方の救世主になってくれる成分と言えるでしょう。

 

単独で摂取するよりもルテインとアントシアニンを同時に摂取することが効果をアップするコツです。